マスクによる風邪予防の効果

風邪 予防対策・治し方

風邪をひきやすい季節になりました。風邪の予防、対策、かかってしまった時の治し方について解説します。

マスクによる風邪予防の効果




風邪はなるべく、ひかないですむのならそれにこしたことはありません。

なので、寒い季節になって来たら風邪予防のための対策はしっかり行うようにしましょう。

風邪予防としてよく言われているのが「マスク&うがい&手洗い」の3つです。

しかし、過剰に工夫しても意味がなかったり、せっかく予防したつもりでも、やり方によっては全く効果がなかったりすることもあるので注意が必要です。

それぞれの予防法の、正しいやり方を意識するようにしましょうね。


マスクは毎日清潔なものを身につける

呼吸器である鼻や口からウイルスを吸い込む量を減らせば、予防としては適切です。

そのために有効なのがマスク

市販のマスクにはいろいろなものがありますね。

中には医療関係者が使っていそうな高機能マスクもありますが、お値段がそれなりに高いので、買ってもついケチって使ってしまいがちです。

それでは、風邪予防の意味はありません。

高いマスクを買ってちびちび使うよりも、安価な使い捨てマスクを毎日取り換えて使うほうがずっと効果的です。

マスクの外側の部分は病原体に汚染される可能性があり、毎日清潔なものに取り替える必要があるのです。


マスク選びのポイント

通常、マスクをすると、マスクのある部分から空気を80~90%吸い込みマスクと顔の間のところから10~20%の空気を吸いこんでいます。

マスク自体の空気に高いシャットアウト性があっても、マスクと顔の間の隙間からは、ダイレクトに空気が吸いこまれてしまいます。

N-95と呼ばれる高機能マスクの需要が高まっています

N-95というのは、医療機関でも使われている、空気感染する結核のような病原体があるときに使われているマスクです。

一般の人が、風邪予防のために、こんなに高機能なマスクを使っても、顔の形に合わない形状のものを使っていなければ、マスクと顔の間から空気を吸いこんでしまい、使い捨てマスクと効果が同じになってしまいます。

マスクの性能ではなく、顔の形状にきちんとフィットしているかどうかで、マスクを選ぶようにしましょう。

ただし、きっちり顔の形にあったものをつけてしまうと、呼吸が苦しくなってしまうので、長時間装着することはできなくなります。

マスクはずっとつけっぱなしにするもの、というよりは、公共交通機関やエレベーターの中、オフィス、集団生活する学校の教室などの場所で、ここぞというときに使うのが最も効果的です。

『うがい』は風邪予防に有効か?

「手洗い、うがい」とよく言われているように、手洗いとうがいはセットのイメージですが、実は米国の感染予防のガイドラインには、日本流のうがいの記述はないのです。

うがいが風邪予防に有効か? というのは、ユニバーサルな視点としては「?」だったりします。

帰宅後にうがいをしても、帰宅中に気道の粘膜内にウイルスが侵入してしまったら、洗い流すことはできません。

電車に1時間乗ったら、乗った直後に粘膜についたウイルスを、帰宅してからうがいをしても、洗い流せないのです。

また、そもそも鼻からウイルスを吸い込んでしまった場合は、うがいでは落とすことはできません。

風邪予防・治し方

風邪にはどんな症状がある?
風邪の主な症状や、風邪をひく原因など、風邪に対する基礎知識を解説しています。風邪に対して理解を深めれば、予防や治癒法が効果的にできますよ。
マスクによる風邪予防の効果
風邪予防対策の定番、マスクの正しい使い方やその効果などについて説明します。
うがいと手洗いによる正しい予防法
「うがい・手洗い」も風邪予防の定番。「うがい・手洗い」の正しいやり方とその効果についてお話します。
風邪をひいたときのセルフケア
風邪をひいてしまったら、医師や薬に頼る前にセルフケアとしてぜひしておきたい「風邪の治し方」について紹介します。
風邪のときの薬の飲み方
風邪のときの薬の飲み方、飲むときに注意したいポイントをまとめてみました。